エピテーゼの完全オーダーメイド制作

お問い合わせ

050-5866-9795

メールでのお問合わせはこちら

今なら無料サンプルプレゼント

お問い合わせ

お問い合せ

050-5866-9795

メールでのお問合わせはこちら

今なら無料サンプルプレゼント

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. エピテはメイク

エピテはメイク

こんにちは。
最近、ぬか漬けにハマっているエピテみやびの中の人、みやびです。

一人暮らしを始めてから、早や20年。。。。
ようやくぬか漬けを自分でやるようになりました。

ぬか漬けに野菜を漬けて、そのままキッチンに一晩置いておきました。
翌朝、キッチンがおばあちゃんちの匂いになってて、とっても懐かしい気分になりました。



コロナで会いに行けないけれど、元気かな~。








さて、今回はメイクの歴史をご紹介します。
















メイクの歴史

西洋では古代より、メイクすることは虚飾であり、虚栄であるとされていました。

道徳家や宗教家はメイクすることは売春婦のようだ批判された時代がありました。

日本では、江戸時代に武家の女性は人前で化粧をしていることが不可欠とされながらも、濃い化粧は非難されてました。


もう、メイクしろっていったり、したらしたで濃いから売春婦だって言われたり。男尊女卑もいいところだな!って思いますよね。

日本では今は少しずつ寛大になってきましたが、髪の毛を明るくすること = 不良少年のヤンキーってイメージでしたよね。



2000年以降っていっても、ほんとに最近で、一部だけだけど、履歴書や婚活の写真、プロフィールの宣材写真を撮るときに、男性もメイクするとその後の評価が上がるのでプロにお願いしてメイクしてもらっているようになりました。

と、いうか男性の芸能人はテレビに出るときにメイクするのに、一般人の男性はしちゃいけない、キモいって思うのも不思議な話よね。。。。



おばあちゃんの元気活性化メイク

昨今は高齢者にしみやあざを隠し、血行が良さそうに魅せるメイクをすることで、元気になるという研究もなされ「福祉メイク」という名前でニュースにも取り上げられています。

これだって、初めのころは「もういい歳なのに今更メイクで色気なんで出して」と非難されていました。
メイクとは社会の一般常識であった半面、非難されるものでもありました。

こんな時代の流れがあって、ようやく私たち女性は自由になりつつあるのかもしれませんな。


カバーメイク

一方、生まれつきのあざや病気、火傷やケガなどで顔に問題を抱えているひとに対して、20世紀後半にいくつもの化粧品メーカーが商品を出し始めました。

そして、ようやく1990年代に入り、やっとこさ、自分に合った化粧品が選べる時代に入りました。

カバーメイクは1991年に火傷の体験者とその家族の「熱傷フェニックスの会」が設立。

99年に顔にアザがある人達が中心となった「ユニークフェイス」が結成されました。

このように時代がかわるとともに、メイクが外見における心理と社会がかわってきました。




美人はまわりの人の行動も変える

動物界ではくじゃくのように「外見」が美しいとモテモテになります。
これは人間界にもあてはまるでしょう。

「美人は得をする」ということに人々はうすうす感づいている方も多いでしょう。


しかし、いやいや外見よりも内面が大切って思ってもいるでしょう。



とくに日本においては「人間は外見ではなく中身が肝心」というタテマエがはびこってますし、島国で過半数の日本人が黒目、黒髪で黄色い肌、身長と体重はこれくらいっていう「当たり前」の考えを徹底的に教育してるので、あまり明確な議論やデーターがありません。

外見はまわりのひとびとの行動を変える

外見は「自己への効用」だけではなく「他者への効用」もあります。
整った容姿は人々を惹きつけて他者との相互作用を促進するので、何らかのチャンスを得る可能性が高いです。

心理学的研究からは外見が対人認知(性格理解)や対人行動(援助行動や応諾行動など)に相当の影響力を持つことが示されています。



海外の研究では、外見がニンゲンの行動に対して、大きな影響力をもつというデーターがあります。



ここに美人は特するっていうデーターをのせておきますね。


アメリカでの陪審員を想定した実験では、被告の外見の善し悪しが裁判の判決に影響する(つまり美人であれば刑が軽くなる)ことも示唆されている。このことは日本の裁判員制度においても参考にすべきことであろう。外見の影響力についてはアメリカと日本との文化差も指摘されるが、一般的な人間の認知判断の仕組みから説明が可能である。すなわち「美しい容姿である」ことと「醜い行動(犯罪)をとる」ことは矛盾していると感じて認知的な不整合を生み出すが、人間はこのような不整合は避けて認知的一貫性を求める傾向がある。この場合「外見」の方は客観的事実で見た目に明らかなので、そちらの方に基準を置き、それにあわせてよりあいまいな事実である内面的資質や行動を判断してしまうことが以上のようなバイアス(歪み)を生み出すと説明できる。






おもしろい研究結果ですね。

そりゃ、合コンで美人がモテるのもうなずけるし、上司から可愛がられるのも仕方がない。。。